米倉涼子が告白『低髄液圧症候群』とは?他に芸能人は?

米倉涼子
引用:日刊ゲンダイDIGITAL

米倉涼子さん(46才)が、持病である難病の「低髄液圧症候群」について話されました。

これは、1月31日(令和4年)のNHK総合「ニュース シブ5時」に出演した際のこと。

 

米倉涼子さんを襲っている「低髄液圧症候群」について、

  • どんな病気なのか?
  • 発祥時期は?
  • 米倉さんの症状は?

といったところを調べてみました。

「低髄液圧症候群」とは?

「低髄液圧症候群」とは・・・

脳脊髄液減少症とは、脳と脊髄(せきずい)の周りを満たす髄液が少なくなることにより、頭痛・めまい・首の痛み・耳鳴り・視力低下・全身倦怠感などのさまざまな症状が現れる病気です。「低髄液圧症候群」と呼称される場合もあります。

引用:Medical Note

この病気は、現在のところ、治療法や診断方法が確立されておらず、完治が難しい病気と言われています。

 

米倉涼子の「低髄液圧症候群」発祥時期、症状は?

発祥時期と経過

2019年に「低髄液圧症候群」を発症されました。

一旦は治療で治った状態になりましたが、2020年に再発。(2021年4月7日放送フジテレビ「突然ですが占ってもいいですか?」に出演された時に明かされています。)

そして今回、NHK総合「ニュース シブ5時」に出演された時に、「(病気と)付き合っていかなきゃいけない状態になりました」と話されました。

症状は

米倉涼子さんは、症状について番組内で以下のように述べられています。

段々真っすぐ歩けなくなるんです。

走ったり回転したりすると、どこが正面か分からなくなってきたりとか、倦怠感とか、やる気がみなぎらない。

頑張らなきゃいけないのに何かおかしいとか、すぐにしゃがむとか…

と話されました。そして

止まっているエスカレーターを上ったことありますか? あれが毎日なんです。

とも。 さらに

(病気の影響で)いつセリフを間違えるかも分からないし、いつ転ぶかも分からない。

・・・ちょっと不安です。

と不安な気持ちを明かされています。一方、

「挑戦できることはしたい」

とも話され、

「他のダンサーたちもケガが多かったり、ボルトを入れながらやってたり、それでも楽しんでやってらっしゃる方がたくさんいるから、それ(病気)だけで諦めるということは一生ないと思います」

と前向きな気持ちも語ってくださいました。

私も米倉さんの一ファンとして、病気に負けず、今後も活躍ができるよう応援していきたいと思っています。

スポンサーリンク

米倉涼子 プロフィール

米倉涼子 プロフィール

引用:Yahoo!JAPANニュース(撮影:GEKKO氏)

  • 生年月日:1975年8月1日(46歳)
  • 出生地:神奈川県横浜市
  • 身長:169cm
  • 血液型:B型
  • 星座:しし座
  • 職業:女優、ファッションモデル

 

その他、低髄液圧症候群の芸能人

米倉涼子さん以外にも、低髄液圧症候群の芸能人はいるのか、調べてみました。

神田うの

神田さんプロデュースコスメの発表会を行った際(2021年5月20日)に、2020年12月に脳脊髄液減少症で4日間入院していたことを告白されています。

西城秀樹

1984年に、低髄液圧症候群で1カ月ほど入院されていたんだそうです。

秀樹さんが亡くなられてから、マネージャーさんが芸能ニュースのサイトの記者の取材に以下のように話されています。

「84年、骨髄液が漏れて脳圧が下がる低髄液圧症候群という病気で1カ月ほど入院し、一時は面会謝絶になるほどでした。それに・・・

参照元:デイリー新潮

 

<関連記事>その他の難病の芸能人↓

酒井若菜が膠原病(こうげんびょう)を告白 その他膠原病の芸能人は? 
女優の酒井若菜さん(35)が膠原病(こうげんびょう)と闘っていることが、19日(2016年2月)、分かりました。 19日、TOKYO FM「よんぱち~WEEKEND MEISTER~」に生出演。 一部で報じられた膠原病の発症につ...

 

以上「米倉涼子が告白『低髄液圧症候群』とは?他に芸能人は?」でした。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!