「麒麟がくる」の意味は?(2020NHK大河ドラマタイトル)

スポンサーリンク
ドラマ

「麒麟がくる」ってどういう意味?

こんな風に思う人、沢山いるのではないでしょうか。

そもそも「麒麟」を動物園にいるキリンと思った方もいるのでは(@_@)

まず、「麒麟」とはいったい何か?また、「麒麟がくる」とはどういう意味なのか?

調べてみましたのでどうぞご覧ください♪

 

麒麟とは

麒麟とは前述もしましたが、動物園にいるキリンではありません。

もちろん、お笑い芸人コンビの「麒麟」でもありません。

麒麟 お笑い

 

実は、かなり昔の中国に伝わる聖獣・霊獣なんです。

麒麟

なんか、見たところおっかない感じですよね・・・

でも、性格は優しく足元の虫けらにさえビビッてしまうそうです。

 

この麒麟、そういえばどこかで見たことありませんか?

そうです、ビールメーカーでおなじみのKIRINのロゴマークがそれなんです。

麒麟 ロゴ

さて、2020年のNHK大河ドラマですが「麒麟がくる」というタイトルです。

「麒麟がくる」というのはどういった意味なのでしょうか?

 

「麒麟がくる」とは

「礼記(らいき)」という昔の中国の書物によると、麒麟は

”王が仁のある政治を行うときに現れる神聖な生き物”

だそうです。

仁のある政治とは、情け深い思いやりのある政治という意味になります。

 

ツイッター【公式】大河ドラマ「麒麟がくる」初回1月19日(日)放送@NHK@nhk_kirinを見ても、 仁のある政治をする為政者が現れると降り立つ聖なる獣・麒麟を呼ぶのは、一体どの戦国武将なのか とあります。

どの戦国武将の元に麒麟が現れるのか、ドラマを最後まで見るとわかるのでしょうか、楽しみなところですね。

 

最後まで記事を読んでくださりありがとうございました。