なうゲット

話題のニュース、ネタ、面白動画!をお届け♪

プレバト(水彩画)に麒麟・川島が登場!レイザーラモンHGのライバルに。

      2017/01/13


9月29日にオンエアの「プレバト!!」(TBS系)で、水彩画ランキングに、麒麟の川島が初登場。
今回の麒麟・川島が描いた絵は、前回初登場でいきなり特待生となったレイザーラモンHGが、「ライバル」と認めた素晴らしい水彩画でした。
あと1点で満点の見事才能ありの1位に輝きました。

スポンサードリンク

 

9月29日オンエアの「プレバト!!」水彩画ランキングに参戦したのは4人。

プレバト水彩画9月29日 参加メンバー

画像:「プレバト!!」(TBS)より

左から
・井森美幸
・麒麟 川島
・三戸なつめ
・山地まり

 

水彩画ランキング1位 才能アリは麒麟・川島

今回みごと1位に輝いた麒麟川島さんの絵がこちら

麒麟川島「下町の銭湯」

画像:「プレバト!!」(TBS)より

川島さんは温かみのある絵が書きたいと番組冒頭で言っていました。
今回の絵は、夕時をイメージした絵にしたとのことでした。

そして、みごとに温かみと情緒が感じさせる絵を披露してくれました。
あと1点で満点の30点になる素晴らしい絵でした。

野村先生のお手本がこちら

先生お手本の絵

画像:「プレバト!!」(TBS)より

上手すぎです。
欲を言えば、先生の夕焼けを背景にした絵が見てみたいです。

 

水彩画ランキング2位 才能アリは山地まり

さて、今回2位の才能アリには山地まりさんの絵がランクインです。
野村先生を「これは迫力だ~!」と うならせた絵がこちらです。

山地まり 絵

画像:「プレバト!!」(TBS)より

確かに、鳥居が前に出てくるようで迫力のある絵ですね。
野村先生が惜しいとしたところが左側の青と白の部分。
実際の風景は左側も木など生い茂っていたのですが、山地さんの描いた絵だとまるで空の上にいるようで「天空の城ラピュタ」を例えていました。

野村先生お手本の絵はこちら

先生お手本の絵 山地まり

画像:「プレバト!!」(TBS)より

さすがとしか言いようがありません。

 

水彩画ランキング3位 凡人に三戸なつめ

 

服飾の専門学校に通っていたことがあり、そこでドローイングという水彩画をやっていたことがあるという三戸なつめさんでしたが、才能アリまであと1点という惜しい絵でした。

三戸なつめ 絵

画像:「プレバト!!」(TBS)より

 

水面に映った人影がうまく表現されていますね。

野村先生の話では、残念だったところは人の頭が大きかった点。
ゆるキャラっぽく見えてしまうとのことでした。
人間の体は6頭身が一般的で、座ってる人を描く場合、胴体の約1/3の大きさが目安だそうです。

野村先生のお手本はこちら

野村先生のお手本 三戸なつめ

画像:「プレバト!!」(TBS)より

 

素敵です!!

こうしてみると、水面の色は青ではないんですね。
バックの森林色が映り込んでいるため、緑っぽくなるんですね。

 

水彩画ランキング最下位 才能ナシには 井森美幸

残念ながら今回の水彩画ランキング最下位になってしまったのは井森美幸さんでした。

井森美幸 絵

画像:「プレバト!!」(TBS)より

 

野村先生てきには、建造物の縦線が気になったようです。
先生が描くとどうなるのでしょう?

お手本の絵はこちら

先生のお手本 井森

画像:「プレバト!!」(TBS)より

 

お見事です!
どうやったらこんな絵が描けるんでしょうね。

 

 

スポンサードリンク

 

レイザーラモンHGの昇格試験はどうなった?

前回、野村先生が満点をつけた大絶賛の絵を披露し、初登場でいきなり特待生となった、レイザーラモンHGさん。
今回、特待生5級から4級への昇格試験を実施しました。

前回の特待生となった絵がこちら

レイザーラモンHGの絵

画像:TBS系「プレバト!!」より

 

そして、今回の昇格試験のお題は「小江戸川越」。
歴史ある町並みと訪れる人がテーマです。

さて、一体どんな絵を披露してくれたのでしょうか?
今回レイザーラモンHGさんの描いた絵がこちら

レイザーラモンHG 古き・・・

画像:「プレバト!!」(TBS)より

 

うっ上手い!建物を描いてもやっぱり上手いですね。
才能あるんだな~とつくづく感心させられました。

そしてきになる昇格試験の結果は・・・

合格!!

見事に特待生4級に昇格しました。

う~ん、すごい!
今後もどんどん昇級して早々と「名人」になってしまうかもしれないですね。

以上、9月29日放送の「プレバト!!」の水彩画ランキングを視聴した感想をお伝えしました。

スポンサードリンク

 - プレバト(水彩画)の感想