なうゲット

話題のニュース、ネタ、面白動画!をお届け♪

市川海老蔵の長男、堀越勸玄くん初お目見え

      2016/12/18


歌舞伎の歴史は1603年に始まったとされる説がありますが、そうなると江戸幕府が開かれた年までさかのぼることになります。

代々と家業を継ぐことになるかと思いますが、生まれながらにして歌舞伎役者になることが決まっていることになりますよね。

本日、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの長男、堀越勸玄(かんげん)くん(2)が、歌舞伎座「吉例顔見世大歌舞伎」の「江戸花成田面影」で初お目見えを飾りました。

スポンサードリンク

それでは、なんとも可愛らしい「堀越勸玄くん初お目見え」の様子を動画でご覧ください。


海老蔵さんのおじいさん、勸玄くんにとってはひいおじいさんに当たる十一世市川團十郎の没後50年の追善興業ということで、片岡仁左衛門さんらに手招きされ、海老蔵さんに手をひかれた紋付はかま姿の勸玄くんが花道に現れると、満席の会場からは「かわいいー」の声とともに、盛大な拍手あ沸き起こったそうです。

舞台中央に正座をすると、客席に向かって斜めに座ってしまったため、海老蔵さんが勸玄くんの体をスッと方向修正をして、どっと笑いが起こる微笑ましい場面があったそうです。

「せがれのお目見えとあいなりました。勸玄、皆様にあいさつを」と父の海老蔵さんに促され、「ほぉりぃこしぃ、かんげんにこじゃいますぅ~」と、ゆっくり一生懸命に大きな声で、堂々と挨拶をすると、観客は大喜びで、拍手大喝采の会場となったとのこと。

大勢のお客さんを目の前にして、立派に挨拶が出来て、本当にすごいと思います。
まだ、2歳なのに、私なんかは2,30人も前にいたら緊張で、うまくしゃべれないと思います。

坂田藤十郎さんによる手締めでは、リズムが若干外れてしまったものの、一生懸命に拍子をうった勸玄くん。しかし、藤十郎さんがその顔を触ろうと近寄ると、化粧をした顔に驚いたようで、少し後ずさりをして、会場からは笑いを誘う場面もみられたそうです。

これからの勸玄くんの活躍がほんと楽しみですね。

スポンサードリンク

 - エンターテイメント, 芸能